歯を白くする歯磨き粉口コミランキング2017【人気商品は?】

歯を白くするにはどうしたらいいのでしょうか?方法としては一つではありません。歯を白くするためにたくさんの疑問や悩みが出てきます。そんな悩みをまとめて掲載しますので、歯を白くしたい方必見です。

歯を白くするためのおすすめケア用品はコチラ!

※期間限定価格のものもあるので、詳細は公式サイトへどうぞ

2017年1月6日更新!

 

歯のホワイトニング

歯のホワイトニング

歯のホワイトニング

公式 サイト 薬用ちゅらトゥースホワイト パールホワイトPROEX リジェンティスのオーラルケア
保証 45日間返金保証 返金保証なし 45日間返金保証
商品名 薬用ちゅらトゥースホワイト パールホワイトPROEX プラス ポリリンEX
人気
評判
タイプ 液体タイプ 液体タイプ 液体タイプ
特徴 メタリン酸Na、ポリリン酸Na、DL-リンゴ酸が歯の表面にこびりついている頑固な汚れを除去。黄ばみ・黒ずみ・ヤニ落とし・歯垢・口臭除去・虫歯予防・短時間で汚れを除去 ポリアスパラギン酸のアミノ酸高分子が汚れを浮かせて除去。リンゴ酸とビタミンCが歯に付着した汚れを優しく除去。GTOが虫歯のリスクを減らし、歯茎の腫れ、歯肉炎、口臭予防にも。 ステイン・汚れ除去効果。強力に吸着していてもまっさらに。ポリリン酸、ピロリン酸を新配合。歯と同じ成分で白くコーティング。ハイドロキシアパタイトの中でも密着しやすい板状のものを独自配合。磨けば磨くほどキレイに
内容量 30g 30g 30ml
価格 3,240円 3,980円 6,240円
公式サイト 歯のホワイトニングの画像 歯のホワイトニングの画像 歯のホワイトニングの画像

 

歯を白くするにはの画像

歯を白くする 安全な方法

見た目が綺麗な女性でも笑顔になったとたんに歯の色が黄ばんでいたり、タバコのヤニで黒かったりすると幻滅してしまう方は多いです。女性だけでなく男性の場合も営業職や接客業では会話も大事ですが、続きはこちら

 

歯を白くする 安全な方法の画像

自宅で歯を白くするには

人の第一印象は顔で決まると言われますが、中でも歯は特に大事な印象のひとつです。日々の珈琲や紅茶による着色汚れや、たばこのヤニ汚れなどをそのままにしておくと、人から受ける印象が悪くなってしまうかもしれません。しかし、通常の歯磨きだけでは、続きはこちら

 

自宅で歯を白くしたい画像

歯を白くするのにはいくらかかる?

どうしても日常生活の中でついてしまう歯の黄ばみや歯の汚れ。きちんと歯磨きなどのケアをしていても、お酒やお茶、カレーといった色の濃い食べ物や飲み物などを口にすると仕方のない部分でもあります。でも、やはり綺麗な白い歯で、自信を持って歯を見せて笑いたいですよね。では、歯を白くするにはいくらくらいかかるものなのでしょうか。続きはこちら

 

歯を白くするのにはいくらかかるの画像

 

歯が白くなった事を考えてみてください。

歯を白くするには、色々と悩みが出てきますよね。でもキレイになった白い歯を毎日鏡で眺めているのはとても幸せなんです!友達や、話をした人から「歯白くてキレイだね」って褒められるたびにニコニコになりますよ。歯を白くして、たくさん笑顔を見せてあげてほしいです!
の画像

 

キレイな白い歯を手に入れましょう!

 

歯を白くするには

鏡を見た時に、歯が黄ばんでいることに気づいた方もいるでしょう。

 

加齢に伴い、歯の黄ばみなどもでてきます。

 

ですが、その他にも、食事や生活習慣などによって歯の汚れや黄ばみなどができてしまうことがあります。

 

歯をできるだけ白く保つためには、歯が着色しないように、普段から気をつけることが大切です。

 

歯が着色しやすい食べ物や飲み物などは、できるだけ控えたり、また、着色しやすい食べ物や飲み物が食事で出た場合には、その後、水などで口をよくゆすいでおくことも予防策になります。

 

また、歯磨きをする場合には、食事後すぐにはせずに、少し時間を空けてから歯磨きをするといいでしょう。

 

食事後は、口の中が酸性の状態になりやすく、その状態だと歯の表面のエナメル質に影響がでてしまい、その状態ですぐ歯を磨くとエナメル質に傷をつけてしまったり、削ってしまう可能性があるためです。

 

そのため、食後すぐに水などで口をゆすぐのは有効ですが、それから少し時間を空けてから歯磨きをするといいでしょう。
歯を白くするにはの画像
また、すでに歯が黄ばんでいたり、汚れなどが目立つ場合には、歯医者で歯のクリーニングを行ってもらうのも一つの手段です。

 

歯の変色が薄く、酷い状態でなければ、クリーニングである程度、白さを取り戻すことができます。

 

ですが、かなり変色が濃い場合には、別の方法としてホワイトニングなどの処置をしてもらうといいでしょう。

 

歯の状態などチェックしてからの処置になりますが、歯医者で行うホワイトニング、また自宅で行うホワイトニングの方法があります。

 

歯医者で行う場合には、比較的短期間で歯を白くすることができますが、それなりに強い薬剤を使うことと、また、持続性が自宅で行うものよりもやや劣る場合があります。

 

できるだけ早く歯を白くしたい方には、適した方法といえるでしょう。

 

また、自宅で行うホワイトニングは、歯を白くするのに少し時間はかかりますが、ゆっくりと歯を白くしていくことができるため、その白さをある程度、維持することができるといわれています。

 

歯医者で行うホワイトニングよりは長い期間白さを持続することができるため、しっかりと歯を白くしていきたいという方に向いている処置といえるでしょう。

 

歯を白くすることは可能ですが、できれば、普段から歯が変色しないように、日々心がけていくことが大切です。

 

食事や生活習慣などを一度見直してみて、歯が変色しやすい生活を送っていないか、一度チェックしてみるといいでしょう。

2017年1月6日更新!

 

歯のホワイトニング

歯のホワイトニング

歯のホワイトニング

公式 サイト 薬用ちゅらトゥースホワイト パールホワイトPROEX リジェンティスのオーラルケア
保証 45日間返金保証 返金保証なし 45日間返金保証
商品名 薬用ちゅらトゥースホワイト パールホワイトPROEX プラス ポリリンEX
人気
評判
タイプ 液体タイプ 液体タイプ 液体タイプ
特徴 メタリン酸Na、ポリリン酸Na、DL-リンゴ酸が歯の表面にこびりついている頑固な汚れを除去。黄ばみ・黒ずみ・ヤニ落とし・歯垢・口臭除去・虫歯予防・短時間で汚れを除去 ポリアスパラギン酸のアミノ酸高分子が汚れを浮かせて除去。リンゴ酸とビタミンCが歯に付着した汚れを優しく除去。GTOが虫歯のリスクを減らし、歯茎の腫れ、歯肉炎、口臭予防にも。 ステイン・汚れ除去効果。強力に吸着していてもまっさらに。ポリリン酸、ピロリン酸を新配合。歯と同じ成分で白くコーティング。ハイドロキシアパタイトの中でも密着しやすい板状のものを独自配合。磨けば磨くほどキレイに
内容量 30g 30g 30ml
価格 3,240円 3,980円 6,240円
公式サイト 歯のホワイトニングの画像 歯のホワイトニングの画像 歯のホワイトニングの画像

ドラッグストアで買える歯を白くする歯磨き粉

日頃の食生活などが原因となって歯の着色が結構目立ってきたという方がいるはずです。

 

歯が汚いとちょっと印象が悪くなるので、そのまま放置しておくのはナンセンスです。

 

第一印象はとても大事なので、歯の色も気をつけるべきです。

 

ただ、歯医者に行ってホワイトニングをするのは面倒だと考えている方が多いと思われます。

 

そういう方には歯を白くする歯磨き粉の利用が適していると言うことができます。

 

ドラッグストアで簡単に手に入れることができるので、せめて白くする歯磨き粉は利用するようにしてください。

 

まず、私が現在使っている「オーラツー ステインクリア プレミアムペースト」を挙げることができます。

 

オーラツーはドラッグストアであれば必ず置いてありますし、CMも頻繁に流れているので知っている方が多くいるはずです。

 

これは歯に付いている着色汚れを落とす効果が高いですし、シャイニーホワイト成分で歯に輝きも与えてくれます。

 

使うまでは本当に着色汚れが改善されるのかと不安でしたが、利用し続けたらかなり白くなったので、非常に評価している歯磨き粉になります。

 

また、「デンティッセ」も利用してみる価値があります。

 

これはアメリカで誕生したホワイトニング専用の歯磨き粉になります。

 

アメリカの研究機関で高い評価を受けていますし、エナメル質を傷つけずに白い歯を取り戻することが可能なので、非常にクオリティが高いです。

 

保存料や着色料などが一切使われていない点も評価できます。

 

この他には花王から出されていて汚れをナノレベルまで落とせる「ピュオーラ ナノブライト」、シュミテクトのホワイトニング専用歯磨き粉である「シュミテクト やさしくホワイトニング」、ステインを除去することに加えてエナメル質の密度を高める効果がある「クリニカ エナメルパール」等も挙げられます。

 

ホワイトニング用の歯磨き粉は結構あるので、よく比較して自分にとってベストなものを選ぶことが重要です。

歯を白くするには

鏡を見た時に、歯が黄ばんでいることに気づいた方もいるでしょう。

 

加齢に伴い、歯の黄ばみなどもでてきます。

 

ですが、その他にも、食事や生活習慣などによって歯の汚れや黄ばみなどができてしまうことがあります。

 

歯をできるだけ白く保つためには、歯が着色しないように、普段から気をつけることが大切です。

 

歯が着色しやすい食べ物や飲み物などは、できるだけ控えたり、また、着色しやすい食べ物や飲み物が食事で出た場合には、その後、水などで口をよくゆすいでおくことも予防策になります。

 

また、歯磨きをする場合には、食事後すぐにはせずに、少し時間を空けてから歯磨きをするといいでしょう。

 

食事後は、口の中が酸性の状態になりやすく、その状態だと歯の表面のエナメル質に影響がでてしまい、その状態ですぐ歯を磨くとエナメル質に傷をつけてしまったり、削ってしまう可能性があるためです。

 

そのため、食後すぐに水などで口をゆすぐのは有効ですが、それから少し時間を空けてから歯磨きをするといいでしょう。
歯を白くするにはの画像
また、すでに歯が黄ばんでいたり、汚れなどが目立つ場合には、歯医者で歯のクリーニングを行ってもらうのも一つの手段です。

 

歯の変色が薄く、酷い状態でなければ、クリーニングである程度、白さを取り戻すことができます。

 

ですが、かなり変色が濃い場合には、別の方法としてホワイトニングなどの処置をしてもらうといいでしょう。

 

歯の状態などチェックしてからの処置になりますが、歯医者で行うホワイトニング、また自宅で行うホワイトニングの方法があります。

 

歯医者で行う場合には、比較的短期間で歯を白くすることができますが、それなりに強い薬剤を使うことと、また、持続性が自宅で行うものよりもやや劣る場合があります。

 

できるだけ早く歯を白くしたい方には、適した方法といえるでしょう。

 

また、自宅で行うホワイトニングは、歯を白くするのに少し時間はかかりますが、ゆっくりと歯を白くしていくことができるため、その白さをある程度、維持することができるといわれています。

 

歯医者で行うホワイトニングよりは長い期間白さを持続することができるため、しっかりと歯を白くしていきたいという方に向いている処置といえるでしょう。

 

歯を白くすることは可能ですが、できれば、普段から歯が変色しないように、日々心がけていくことが大切です。

 

食事や生活習慣などを一度見直してみて、歯が変色しやすい生活を送っていないか、一度チェックしてみるといいでしょう。

歯を白くするのにはいくらかかる?

どうしても日常生活の中でついてしまう歯の黄ばみや歯の汚れ。

 

きちんと歯磨きなどのケアをしていても、お酒やお茶、カレーといった色の濃い食べ物や飲み物などを口にすると仕方のない部分でもあります。

 

でも、やはり綺麗な白い歯で、自信を持って歯を見せて笑いたいですよね。では、歯を白くするにはいくらくらいかかるものなのでしょうか。

 

求める白さの度合いにもよりますが、歯の黄ばみなどがそれほどひどくないという場合には、市販のホワイトニング効果のある歯磨き粉などを活用してもいいでしょう。この場合は、1000円程度で購入できます。
歯を白くするのにはいくらかかる?の画像
そうしたセルフケアではどうにもできないという場合には、やはり歯科医院にかかるしかありません。

 

ホワイトニングを受けてもいいですが、まずはその前にクリーニングを行うといいでしょう。

 

歯茎や歯と歯の間にたまった歯石などを除去すると同時に、歯の表面の着色汚れもクリーニングしてくれます。

 

この場合はあくまで歯の表面の汚れを取るだけではありますが、保険適応で2000円から3000円程度で受けられます。

 

虫歯の原因になる歯石も除去してくれるので、長く歯科医院にかかっていないという方はまずクリーニングをされることをおすすめします。

 

それでもやはり歯の黄ばみや汚れが気になるという場合にはホワイトニングを行います。

 

この場合、保険適応外なので費用は割高になります。料金は歯科医院によってかなり異なりますが、数万円程度かかることが多いようです。

 

長い間タバコを吸っているという方や、ワインや紅茶、コーヒーといった飲み物を常飲しているという方ですと、表面に汚れがついているのではなく歯自体が黄ばんだり変色してしまっている場合が多いので、その場合にはホワイトニングが必要です。

歯医者以外で歯を白くする方法

私たちは、初対面の人と会ったときに一番最初に受ける印象として、やはり顔からの受ける印象が一番心に残るものです。

 

特に歯がきれいに生え揃っていて、輝くような白さを持っていると、とても清潔間がありちゃんとした人だと思うものです。

 

ですので、歯はきれいな状態を保っていたいものですが、日常の食事や飲み物などで、確実に着色汚れがついていってしまいます。

 

特にタバコを嗜む人や、コーヒーや紅茶などのポリフェノールを多く含むものを良く飲む人は、着色しやすい傾向にあります。

 

これは歯の質や口腔内の状態によっても、汚れが付着しやすいかどうかが決まってしまいますが、何れにしても構造的に汚れは付着するものなのです。

 

そのため、毎日の歯磨きできれいな状態をできるだけ保っていたいところですが、歯磨きだけでは残念ながら統べての汚れを取りきることはできません。

 

また、ついてしまった着色汚れを落とすために、ホワイトニング専用の歯磨き粉も市販されていますが、確かにある程度の汚れは落とすことが出来るものの、こちらに関しても完全に落としきることはできないのです。
歯医者以外で歯を白くする方法の画像
ホワイトニングの歯磨き粉には大きく分けて2種類あり、ひとつは歯の汚れを浮かすことで取り除くタイプのものと、研磨剤が配合されていて、これによって取り除くものです。

 

汚れを浮かすタイプのものは、効果が弱い傾向にあり、研磨剤のものは、歯の表面を傷つけてしまう恐れがあり、傷がついた部分に汚れが入り込んでしまうことがあります。

 

落としきれない汚れについては、歯科に行ってホワイトニングをしてもらうことが一般的ですが、費用が高く、また通うための時間も捻出しなくてはいけません。

 

そこでぜひ利用したいのが、歯を白くする成分が配合された、薬用ちゅらトゥースホワイトです。

 

薬用ちゅらトゥースホワイトには、ポリアスパラギン酸という高分子アミノ酸が配合されていることが他と違う特徴的な部分で、それにより強力に歯の着色汚れを浮かして、取り除いて行くのです。

 

ジェル状になっていることから液だれをせずに、爽やかなミント風味も合わさって使用感も抜群に良いのです。

 

使用の仕方は、毎回の歯磨きの後に、同じように歯ブラシに乗せてブラッシングをするだけです。とても手軽に行えるので、継続しやすく、続けるごとに歯を白くきれいにしていきます。

 

また、その他に含まれている有効性分の効果で、口腔内の健康を保つことも期待が出来るため、トータルなオーラルケアを実現してくれるのです。