歯を白くするには

鏡を見た時に、歯が黄ばんでいることに気づいた方もいるでしょう。

 

加齢に伴い、歯の黄ばみなどもでてきます。

 

ですが、その他にも、食事や生活習慣などによって歯の汚れや黄ばみなどができてしまうことがあります。

 

歯をできるだけ白く保つためには、歯が着色しないように、普段から気をつけることが大切です。

 

歯が着色しやすい食べ物や飲み物などは、できるだけ控えたり、また、着色しやすい食べ物や飲み物が食事で出た場合には、その後、水などで口をよくゆすいでおくことも予防策になります。

 

また、歯磨きをする場合には、食事後すぐにはせずに、少し時間を空けてから歯磨きをするといいでしょう。

 

食事後は、口の中が酸性の状態になりやすく、その状態だと歯の表面のエナメル質に影響がでてしまい、その状態ですぐ歯を磨くとエナメル質に傷をつけてしまったり、削ってしまう可能性があるためです。

 

そのため、食後すぐに水などで口をゆすぐのは有効ですが、それから少し時間を空けてから歯磨きをするといいでしょう。
歯を白くするにはの画像
また、すでに歯が黄ばんでいたり、汚れなどが目立つ場合には、歯医者で歯のクリーニングを行ってもらうのも一つの手段です。

 

歯の変色が薄く、酷い状態でなければ、クリーニングである程度、白さを取り戻すことができます。

 

ですが、かなり変色が濃い場合には、別の方法としてホワイトニングなどの処置をしてもらうといいでしょう。

 

歯の状態などチェックしてからの処置になりますが、歯医者で行うホワイトニング、また自宅で行うホワイトニングの方法があります。

 

歯医者で行う場合には、比較的短期間で歯を白くすることができますが、それなりに強い薬剤を使うことと、また、持続性が自宅で行うものよりもやや劣る場合があります。

 

できるだけ早く歯を白くしたい方には、適した方法といえるでしょう。

 

また、自宅で行うホワイトニングは、歯を白くするのに少し時間はかかりますが、ゆっくりと歯を白くしていくことができるため、その白さをある程度、維持することができるといわれています。

 

歯医者で行うホワイトニングよりは長い期間白さを持続することができるため、しっかりと歯を白くしていきたいという方に向いている処置といえるでしょう。

 

歯を白くすることは可能ですが、できれば、普段から歯が変色しないように、日々心がけていくことが大切です。

 

食事や生活習慣などを一度見直してみて、歯が変色しやすい生活を送っていないか、一度チェックしてみるといいでしょう。

2017年1月6日更新!

 

歯のホワイトニング

歯のホワイトニング

歯のホワイトニング

公式 サイト 薬用ちゅらトゥースホワイト パールホワイトPROEX リジェンティスのオーラルケア
保証 45日間返金保証 返金保証なし 45日間返金保証
商品名 薬用ちゅらトゥースホワイト パールホワイトPROEX プラス ポリリンEX
人気
評判
タイプ 液体タイプ 液体タイプ 液体タイプ
特徴 メタリン酸Na、ポリリン酸Na、DL-リンゴ酸が歯の表面にこびりついている頑固な汚れを除去。黄ばみ・黒ずみ・ヤニ落とし・歯垢・口臭除去・虫歯予防・短時間で汚れを除去 ポリアスパラギン酸のアミノ酸高分子が汚れを浮かせて除去。リンゴ酸とビタミンCが歯に付着した汚れを優しく除去。GTOが虫歯のリスクを減らし、歯茎の腫れ、歯肉炎、口臭予防にも。 ステイン・汚れ除去効果。強力に吸着していてもまっさらに。ポリリン酸、ピロリン酸を新配合。歯と同じ成分で白くコーティング。ハイドロキシアパタイトの中でも密着しやすい板状のものを独自配合。磨けば磨くほどキレイに
内容量 30g 30g 30ml
価格 3,240円 3,980円 6,240円
公式サイト 歯のホワイトニングの画像 歯のホワイトニングの画像 歯のホワイトニングの画像

トップページへ