歯を白くするのにはいくらかかる?

どうしても日常生活の中でついてしまう歯の黄ばみや歯の汚れ。

 

きちんと歯磨きなどのケアをしていても、お酒やお茶、カレーといった色の濃い食べ物や飲み物などを口にすると仕方のない部分でもあります。

 

でも、やはり綺麗な白い歯で、自信を持って歯を見せて笑いたいですよね。では、歯を白くするにはいくらくらいかかるものなのでしょうか。

 

求める白さの度合いにもよりますが、歯の黄ばみなどがそれほどひどくないという場合には、市販のホワイトニング効果のある歯磨き粉などを活用してもいいでしょう。この場合は、1000円程度で購入できます。
歯を白くするのにはいくらかかる?の画像
そうしたセルフケアではどうにもできないという場合には、やはり歯科医院にかかるしかありません。

 

ホワイトニングを受けてもいいですが、まずはその前にクリーニングを行うといいでしょう。

 

歯茎や歯と歯の間にたまった歯石などを除去すると同時に、歯の表面の着色汚れもクリーニングしてくれます。

 

この場合はあくまで歯の表面の汚れを取るだけではありますが、保険適応で2000円から3000円程度で受けられます。

 

虫歯の原因になる歯石も除去してくれるので、長く歯科医院にかかっていないという方はまずクリーニングをされることをおすすめします。

 

それでもやはり歯の黄ばみや汚れが気になるという場合にはホワイトニングを行います。

 

この場合、保険適応外なので費用は割高になります。料金は歯科医院によってかなり異なりますが、数万円程度かかることが多いようです。

 

長い間タバコを吸っているという方や、ワインや紅茶、コーヒーといった飲み物を常飲しているという方ですと、表面に汚れがついているのではなく歯自体が黄ばんだり変色してしまっている場合が多いので、その場合にはホワイトニングが必要です。

2017年1月6日更新!

 

歯のホワイトニング

歯のホワイトニング

歯のホワイトニング

公式 サイト 薬用ちゅらトゥースホワイト パールホワイトPROEX リジェンティスのオーラルケア
保証 45日間返金保証 返金保証なし 45日間返金保証
商品名 薬用ちゅらトゥースホワイト パールホワイトPROEX プラス ポリリンEX
人気
評判
タイプ 液体タイプ 液体タイプ 液体タイプ
特徴 メタリン酸Na、ポリリン酸Na、DL-リンゴ酸が歯の表面にこびりついている頑固な汚れを除去。黄ばみ・黒ずみ・ヤニ落とし・歯垢・口臭除去・虫歯予防・短時間で汚れを除去 ポリアスパラギン酸のアミノ酸高分子が汚れを浮かせて除去。リンゴ酸とビタミンCが歯に付着した汚れを優しく除去。GTOが虫歯のリスクを減らし、歯茎の腫れ、歯肉炎、口臭予防にも。 ステイン・汚れ除去効果。強力に吸着していてもまっさらに。ポリリン酸、ピロリン酸を新配合。歯と同じ成分で白くコーティング。ハイドロキシアパタイトの中でも密着しやすい板状のものを独自配合。磨けば磨くほどキレイに
内容量 30g 30g 30ml
価格 3,240円 3,980円 6,240円
公式サイト 歯のホワイトニングの画像 歯のホワイトニングの画像 歯のホワイトニングの画像

トップページへ